既卒の就活準備

既卒就活の服装ってスーツ?私服?業界別に徹底解説

就活時の服装についてお悩みの方は少なからずいるのではないでしょうか。

近年はスーツのみならず私服での選考も増え、ますます何を着たら良いか分からないという方もいると思います。

当記事では

  • どんな私服(スーツ)を着ればいいのか分からない
  • スーツをより安く買いたい

という方に対し、就活時の服装について徹底解説をしていきます。

既卒就活の服装はスーツとは限らない

就活時の服装はスーツとは限りません。
(これは既卒以外でも言えることです)

場合によってはスーツではなく私服で良いと企業から連絡が来ることがあります。

私服で良いと言われた際に「実はスーツでいかないといけないのではないか」と心配する方もいると思いますが、私服で良いと言われたら私服で良いのです。

もちろん私服にも限度はあります。

当サイトでは業界別の服装だけではなく

  • どういったスーツが良いか
  • 安くスーツを変える方法はないか
  • 私服の場合、どのような服装であればいいのか

についても詳しく解説をしていきます。

実際に「私服OK」といいつつ「スーツ」を着ていない方を落とす企業は極稀にあります。
ですが、そんなことで人を試すような企業にあなたは入社したいですか。
私なら自分から「お祈り」をしてしまいますね。

既卒就活の服装は業界ではなく会社単位で決まる

タイトルで「業界別」と明記していますが就活の服装は「業界別」では決まりません

就活の服装は「会社単位」で決まります。

業界ごとに偏りはありますが、最終的に服装(ドレスコード)を決めるのは「会社単位」です。

選考の案内時に、会社から指示がありますので、その指示に沿って服装を決めるようにしましょう。

既卒就活の服装ってスーツ?私服?業界別に徹底解説

スーツの場合

私服可の選考が少しずつ多くはなっていますが、今でも大半の企業が「スーツ」での選考を行っています。

「スーツ」の場合、リクルートスーツを購入すれば間違いはありません。

リクルートスーツはどのスーツ量販店にもおいてあります。

また、靴やネクタイについても量販店で購入ができます。

ただ、スーツというとやはり気になるのが価格。

いくら就活のためとはいえ高いスーツを購入するのは気が引けますよね。

そこで、当記事ではスーツをより安く購入する方法についてもご紹介していきます。

あわせて読みたい
【保存版】既卒の就活時におすすめのアルバイト4選【ニート必見】就活は無料で出来るという訳ではありません。 親の援助があれば良いですが、援助がない場合「スーツ」や「履歴書」の購入、「交通費」の支...

【スーツを安く買う方法①】イオン、イトーヨーカドーなどの大手デパートで購入する

意外かもしれませんが「イオン」、「イトーヨーカドー」などの大手デパートでは格安価格でスーツを販売しています。

1万円台、場合によっては1万円以下でスーツを購入できてしまいます。

スーツ量販店に比べて非常に安くスーツを購入できるため大手デパートでのスーツ購入は非常におすすめです。

【スーツを安く買う方法②】20,000円以下!格安オーダースーツで自分にあったリクルートスーツを作る(株式会社佐田・SADA)

リクルートスーツをオーダーメイドで作る。

一見とても贅沢に見えますが、実はそんな選択をすることも可能です。

株式会社佐田(SADA)ではなんと2万円以下でスーツをオーダーメイドすることが可能。

オーダーでスーツを作成することでより自分にフィットしたスーツが作成できます。

選考は中身も大事ですが、見た目の清潔感など外見も非常に大切です。

株式会社佐田(SADA)のオーダースーツでライバルに一歩差をつけてみませんか。

初回19,800円!リクルートスーツをオーダーで作ってみる。

私服の場合

IT業界やアパレル業界に「私服指定」は多いです。

IT業界はそもそも私服で働いているところが多く、アパレル業界はその人のセンスを見るというところも兼ねて私服での選考を行っていることが多いようですね。

私服を指定されたとしても、どんな私服でも良いという訳ではありません。

スタイルとしては「オフィスカジュアル」というものがおすすめです。

会社内でも浮かず無難に着こなせるスタイルということです。

下記にオフィスカジュアルについて詳しく書かれている記事を参照しますので、私服での選考にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

スーツ、私服の判断がつきにくい場合

  • スーツまたはカジュアルな服装も可
  • 面接にふさわしい服装

等とスーツ、私服どちらにすべきか判断がつきにくい場合があります。

その場合は「スーツ」を着用することが無難です。

自分以外の選考参加者もおそらくスーツ、私服どちらにすべきかを悩み、結果無難なスーツを選択していることが多いです。

このような場面で一人だけ私服になってしまうと、集団の中でどうしても浮いてしまいます。

判断がつきにくい場合は「スーツ」がベストです。

既卒就活の服装ってスーツ?私服?業界別に徹底解説 まとめ

既卒就活の服装は「業界毎」ではなく「会社単位」で決まります。

それぞれのケースにおいて、上記で対応していくことがベストです。

就活では中身も大切ですが、外見も非常に大切です。

当記事を参考にして服装の準備をしてみてください。